「遊覧船から見える野生動物」の記事一覧

オジロワシは知床で冬を過ごします

オジロワシは知床の海で姿を見ることができますオジロワシを絶対に見るのならば冬に知床を訪れるのをおすすめします。流氷の間を進むように冬の知床の海を進むクルージングが、冬には楽しめます。クルージングの途中で、オジロワシが流氷の上に止まっているところや、冬の空を颯爽と飛ぶところを見られるかもしれません。本日はオジロワシについてお話したいと思います。

オジロワシとは

オジロワシ 知床

オジロワシには冬の間のみ、日本に来る冬鳥と、北海道周辺を拠点として一年中過ごす留鳥がいます。2010年には約1700羽のオジロワシが北海道で越冬したのだそうです。オジロワシは天然記念物にも指定されており、全長約70~90センチメートルほどですが、翼を広げるとその2倍以上の大きさとなります。薄い黄色のくちばしと茶色の胴体を持つワシです。オオワシと似ていますが、オジロワシの方が胴体の茶色が濃く、オオワシの方がくちばしの色が濃いことで、見分けることができるのだそうです。

知床でのオジロワシ

北海道で一年中過ごすオジロワシがいると言っても、オジロワシを見るために北海道に行くのならやはり冬がおすすめです。雪の中や流氷の上にいるオジロワシに、颯爽と冬の空を飛ぶオジロワシと、越冬する種類を含め見ることのできる機会が多いです。もちろん冬以外の季節にも、北海道でオジロワシを見ることができます。知床のクルージングは、人の手が加わっていない大自然が見られるので、その中を悠々と飛ぶオジロワシは大変美しいです。

冬のクルージングでは大海原に浮かぶ流氷が見られ、アザラシなどを見られることもあるので、夏とは違った楽しさがあります。既に夏に知床クルージングをしたことのある方は冬のクルージングを楽しんでみてはいかがでしょうか。また、夏に行かれる場合には、クルージングで見られる他の野生動物と一緒に、オジロワシも探してみてください。

知床のイルカに出会えるクルージング

知床の海にはイルカなどの哺乳類が多く暮らしており、クルージングでその可愛らしい姿を見ることができます。野生のイルカが元気よく泳ぐ姿は美しく、一見の価値があります。水族館などでも人気者のイルカですが、改めてどんな生き物なのかを中心にお話しします。

イルカという動物

イルカ

可愛らしい見た目とショーなどでの人懐っこさが人気のイルカですが、実は分類学上は「イルカ」という種類が存在しません。ハクジラ亜目の中でも小型のものをイルカと呼んでいることが多いようで、約3~4メートルより小さいものをイルカ、それより大きいものをクジラとしていることが多いようです。

イルカは肺呼吸を行うため定期的に水上に頭頂部を出します。また、昔は眠らないと思われていたイルカは半球睡眠という右脳と左脳を別々に眠らせて睡眠することが分かっているそうです。右脳が眠っている時は左目を、左脳が眠っている時は右目を瞑って眠るのだそうです。

また、イルカはパルス音と呼ばれる高音を出し、これの反射具合で物体の形を知ったり、音でコミュニケーションを取ったりするとされています。脳の大きさが人間の次に大きく、知性のある頭の良い動物です。

知床の海とイルカ

知床の海はホエールウォッチングも行うことができ、イルカだけでなくクジラやシャチなどを見ることもできます。知床の海にこれらの動物たちがいる理由の一つは、冬に運ばれてくる流氷に植物プランクトンが大量に含まれており、これを捕食する大小さまざまな魚がいることで、エサが沢山あるからとされています。数頭で連なって泳ぐ美しいイルカの群れは大海原を悠々と泳ぎ大変美しいですよ。

いかがでしょうか。知床の海ではイルカの親子の仲睦まじい姿などを見ることもできますので、ぜひクルージングなどで大海原に出て探してみてください。

知床の海ではクジラを見ることができます

知床の海ではホエールウォッチングも盛んで、クジラなどの大型の哺乳類に出会うことができます。本日は、クジラとはどんな生き物なのか、触れていきたいと思います。

知床 クジラ

クジラとは

一般的にクジラと言われているものは、4メートル以上の大きさがあり、鼻のような役割をしている噴気孔を持ち肺呼吸を行います。右脳と左脳を交互に休ませる睡眠方法で生きているため、寝ながらに泳ぐことが可能です。一定の塩分濃度がある海水で生活しているので、体内の水が浸透圧の作用によって体外へと自然に排出されてしまいます。そのために、水分を取らないといけませんが、その水分をエサからのみ摂取をしています。水の摂取効率を上げるために腎臓で他の哺乳類より濃い尿を生成することが可能なのだそうです。

知床のクジラ

知床の海ではホエールウォッチングを行うためのクルージングが行われています。クジラだけでなく、イルカやシャチなども見ることができ、知床でも人気のツアーです。クジラは水しぶきを定期的に上げるため、近くにいる場合にはこの水しぶきを見つけるのが一番早く見つけられる方法ではないでしょうか。知床は流れつく流氷に含まれるプランクトンの影響で、クジラたちがエサとする小魚やオキアミなども多く、クジラが生息しやすい環境となっています。また、クジラが排泄する糞もプランクトンなどのエサとなるため、好循環が出来上がり、動物の多い海となっているのです。

自然の作り出した豊かな海だからこそ見ることのできるクジラを知床の海に見に行ってはいかがでしょうか。

知床のシャチは迫力があります

知床半島の周辺の海ではシャチを見ることもできますシャチは海の王者とも言われ、その獰猛さとは裏腹な白と黒の愛らしい容姿から、好きな人も多く、ぬいぐるみやキャラクターにもなっている、日本でも人気の哺乳類です。知床でも見ることのできるシャチとはどんな生き物なのか見ていきましょう。

シャチとは

シャチは鯨類に属し、人間を除外すれば天敵のいない、海の生き物の中では正に頂点にいる「海の王者」です。体長はメスでも5メートルほど、オスでは6.5メートルを超えるものもおりブリーチングと呼ばれる海面に体を打ちつけるジャンプなどは迫力があります。1日に100キロメートル以上の泳ぐこともあり、知能が高く獰猛なことで知られています。群れで行動することが多く、母親を中心として血の繋がりを持っています。生まれた群れから離れることは少ないようです。挟み撃ちなど高度な狩りのテクニックを持っており、その知能が高さから捕食する必要のない動物を襲うことも少ないそうです。

知床の海で見られるシャチ

シャチ 知床

知床半島を囲む海では、シャチだけでなくクジラやイルカなどに会うこともできます。ホエールウォッチングを目当てに知床を訪れる人々もいるほどです。知床には小型の船から450名ほど乗せることのできる大型の船まであり、様々なクルージングがあります。コースにもよりますが、知床のクルージングでは、カムイワッカの滝や知床連山など見どころがたくさんありますが、ぜひ海面にも注意を向けていてください。必ずではありませんが、海の哺乳類たちに会えることは多く、特にシャチは1匹見つけられれば周囲に数頭から数十頭の個体がいることが多いです。中には可愛らしい赤ちゃんがいることもあります

いかがでしたか。知床にお越しの折は、ぜひクルージングに出かけて、海からしか見られない雄大な景色や豊かな自然が育むシャチなどの生き物を存分に楽しんでください。

 

知床で見られる海鳥、ケイマフリ

知床では5~8月に赤い足が可愛らしいケイマフリという海鳥を見ることができますケイマフリは絶滅が危惧されており、見ることができるのは大変珍しい鳥ですが、知床特有の自然がその生態系を優しく守っています。本日はケイマフリとはどんな鳥なのか、その特徴と合わせてお伝えします。

ケイマフリとは

ケイマフリ

ケイマフリはチドリ目ウミスズメ科の鳥で、全長40センチほどです。海のカナリアとも呼ばれる美しい鳴き声を持つ鳥で、「フィッフィッフィ」と美しい声でさえずります。目がさめるような鮮やかな赤い足が特徴的で、名前の由来もこの赤い足から来ています。赤い足をアイヌ語でケマフレというのだそうです。黒目の周りの白い文様も可愛らしく、基本色は黒っぽいですが、目を引く鳥です。イカナゴや小型のカレイなどを食べます。潜水能力の高い鳥とされており、時には70メートルほど海を潜るのだそうです。

ケイマフリの繁殖に適した知床

3月から8月の間子育てのために知床のウトロ付近にいるケイマフリを、知床の遊覧船やシーカヤックに乗っているときに見ることができます。ケイマフリは海岸の断崖やその隙間に巣を作る習性を持っており、知床の壮大な自然にはケイマフリの好む繁殖場所が沢山あります。そのため、3月から8月の子育ての時期に、知床周辺でケイマフリの姿を見ることが可能です。3月になると知床の海から流氷が消え、そうするとケイマフリは繁殖期を迎えます。1ヶ月ほど卵を温め孵化すると、巣立ちとなる8月まで子育てを行います。

知床の雄大な自然は多くの動物の生息地となり、様々な鳥の繁殖場所となっています。そんな鳥たちの中でも最も珍しいのがケイマフリかもしれません。遊覧船などに乗った際にはぜひ探してみてください。