「カムイワッカの滝」アイヌ語で神の水を意味する

カムイワッカの滝 知床遊覧船から見える自然

カムイワッカの滝とは

カムイワッカとは、アイヌ語で「神の水」「”Kamuy-wakka”カムイ=神,ワッカ=水」という意味を持ちます。ここでは神=魔の水、とするほうが良いそう。活火山である硫黄山から流れてくるカムイワッカ川が有毒であったため、生物が棲めない環境であったようです。カムイワッカ湯の滝は、そんなカムイワッカ川にある滝群の総称をいうそうです。

 

そこから繋がるカムイワッカの湯の滝は、ただ滝や川を眺めるだけではなく、気軽に川の中を歩きつつ滝を登ってみたり、滝壺ではお湯につかったりすることもできます。知床が世界遺産登録された後、観光客の急増に伴って滑落の増加だったり落石の危険が高まってしまったため、現在は一の滝の上の方までしか入る事ができなくなってしまいました。

 

ちなみにカムイワッカの滝は、下流に位置するオホーツク海に流れ落ちる滝のことをいいます。 カムイワッカ湯の滝は、遊覧船の上からも見ることができます。

 

information

 

名称:カムイワッカ湯の滝

所在地:〒099-4100北海道斜里郡斜里町大字遠音別村

エリア:ウトロ

電話:知床斜里町観光協会 0152-22-2125

利用期間:毎年6月初旬〜11月初旬頃まで(予定)

交通:交通規制等があります。

駐車場:あり。約20台駐車可能。

トイレ:仮設トイレ3基