知床半島の秘境の地「岩尾別温泉」とは

岩尾別温泉ホテル地の涯

岩尾別温泉(いわおべつおんせん)とは

2005年に世界遺産にも登録された「知床半島」の北側、斜里町にある温泉地です。知床五湖からも近く、大自然と静寂に包まれた場所にあります。標高約215mほどの山深い場所にある「知床国立公園」の秘湯として有名です。カムイワッカの滝や知床五湖にも近く、三段の湯・滝見の湯などの名が知れた野湯があります。93号線の終端に「ホテル地の涯」と木下小屋だけが佇み、羅臼岳の登山基地としても利用されます。レストラン・カフェ・スナック・コンビニなどといった独立したお店がなくまさに秘境の地といえます。冬期は93号線が通行止めになるため、休業となります

 

岩尾別温泉「ホテル地の涯」

 

そんな岩尾別温泉の中でも有名なホテル地の涯(ちのはて)をご紹介いたします。温泉宿としては日本最北東に位置し、93号線が通行止めとなる11月上旬~4月下旬以外の期間のみ営業していています。羅臼岳登山道が近くにあるため登山客の拠点として、また知床の自然散策に訪れた人向けのお休み処としても人気を集めるホテルとなっています。

詳細情報

 

住所:〒099-4356 北海道斜里郡斜里町岩尾別温泉
TEL:0152-24-2331
入浴料:500円
時間:11:30~18:00
定休日:冬期 (11月~4月)
駐車場 あり:(無料)
構成 露天風呂:(混浴5)
内湯 :(女1、男1)

 

 

ホテル地の涯の温泉詳細情報(身体への効能など)

 

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
ph:6.9 (中性)
タオル巻き:OK(水着も可)
効能:神経痛・冷え症・肥満・痔疾・リウマチ・慢性皮膚病…etc.