迫力満点の水量がまるで「男の涙」のような「湯の華の滝」

男の涙 知床遊覧船から見る自然手つかずの自然が数多く残る「知床半島」
オホーツク海の断崖の間から、山々の雨や雪が地下水となって吹き出し、滝となって水飛沫が舞う「男の涙
こちらも大自然を感じられる場所の一つとなっています。

「男の涙」という名は通称です。由来は、すぐ近くにあるフレペの滝(別名:乙女の涙)と比べると季節によっては水量が多く豪快に流れているからだとか、また海の上からしか見ることができないため人目を避けて泣く男のようだとか、諸説あるそうです。

陸路で向かう「男の涙」(ガイド付き)

 

少し前までは陸路からも見ることができたそうですが、今は遊覧船やクルーザーに乗り海上から見るのが一般的となっています。陸路で向かうにはヒグマが出没する場所を通らなければならなかったり、散策路がないため道筋が不明瞭な山道を歩くことになったりと、危険も伴うのでガイドさんなどの詳しい方の同行が必要です。

 

山林に入るとはじめは踏み固められた散策路があるため比較的気軽に歩くことができます。

続いて、腰から胸くらいまである草むらの中を進みます。平坦な道もあれば、アップダウンが多い道もあります。背丈のある木に囲まれた森を進む場所もあれば、木はなく背丈のある草だけの見通しがよい場所もあります。

 

散策途中では、国立公園のため倒木が撤去されずにそのまま残っていたり、野生動物が身近にいる証があったりと、自然の営みを数多く感じることができます。

自然豊富な散策ルートを抜ければ、海岸線の断崖の上へ到着です。断崖はかなり高さがあるので海岸線まで下りることは危険です。草木の緑色と真っ青に澄み切ったオホーツク海のコントラストがとても美しいです。

この入り江の崖に、「男の涙」があります。

クルージングで楽しむ「男の涙」

知床半島には、海岸線が断崖絶壁になっている箇所が数多くあります。だからこそ断崖にギリギリまで近づき見ることができる小型船のクルージングは迫力満点です。
船でフレペの滝から1分ほどで見られる「男の涙」ですが、すぐ近くにある「フレぺの滝(別名:乙女の涙)」と比較すると水量が対象的でこれもまた楽しみ方の一つになります。

また、滝に太陽の光があたるとまるでオーロラのようにゆらゆらと揺れる虹が現れることがあり、またの名を「虹の滝」と呼ぶ人もいるくらい美しい光景に出会えます。

 

information

 

名称:湯の華の滝

別名:男の涙

住所:北海道斜里郡斜里町 知床国立公園内
TEL:0152-24-2639(知床観光案内所)
料金:見学自由