蛸岩(タコ岩)と呼ばれるユニークな岩

タコ岩 知床遊覧船から見える自然

蛸岩と呼ばれる岩が知床にはあることをご存知ですか。他にもいろいろな名前がついている岩があり、そのあたりにも触れながら、蛸岩についてご説明します。

色々な名前の岩が存在する知床

知床は岩に囲まれた大自然であるため、様々な形の岩があり、中には観音様や犬など似た岩があります。それぞれに似ているものの名前がついており、岩の名前を聞けば「なるほど!」と納得できるほど似ています。海底火山が作った岩の層に風雨、荒波など様々な要因で削られていくつもの偶然が作り出した岩々です。

なぜ蛸岩(タコ岩)とよばれているか

蛸岩はその名の通り蛸に似た形をしています。岸より少し海側に出たところにこの蛸岩はあるため、まるで海からひょっこり巨大な蛸が顔を出しているかのように見えます。この岩は知床岬へ行く途中で見ることができます。熊を高確率で見られるルシャ地区をさらに知床岬の方に進み、カシュニの滝と呼ばれる滝が見えるところに来ると、この岩を目視できます。

蛸岩(タコ岩)の楽しみ方は大きく2通り

蛸岩を見に行くのなら、遊覧船などを利用したクルージングか、シーカヤックをするという手があります遊覧船に乗れば、ガイドの人の案内を聞きながら知床半島の魅力を存分に味わうことができ、その中で蛸岩を楽しむこともできます。また、シーカヤックの場合、専門知識や装備が必要ではありますが、蛸岩の裏側にテントを張ることができるスペースがあるので、ここにテントを張ったり、釣りを楽しんだりすることもできます。ただし、ルシャの先にあるこの辺りはヒグマ出没地域ともなっているので、ヒグマや自然に対する専門知識を十分に持ち、備えをしっかりしてから上陸しないといけません。

蛸岩の詳細

名称:蛸岩

住所;北海道斜里郡斜里町大字遠音別村

知床岬は航路よりしか行くことのできないまさに秘境の地で、その道中にこの蛸岩があります。クルージングに行かれる際はぜひチェックしてみてください。