オジロワシは知床で冬を過ごします

オジロワシは知床の海で姿を見ることができますオジロワシを絶対に見るのならば冬に知床を訪れるのをおすすめします。流氷の間を進むように冬の知床の海を進むクルージングが、冬には楽しめます。クルージングの途中で、オジロワシが流氷の上に止まっているところや、冬の空を颯爽と飛ぶところを見られるかもしれません。本日はオジロワシについてお話したいと思います。

オジロワシとは

オジロワシ 知床

オジロワシには冬の間のみ、日本に来る冬鳥と、北海道周辺を拠点として一年中過ごす留鳥がいます。2010年には約1700羽のオジロワシが北海道で越冬したのだそうです。オジロワシは天然記念物にも指定されており、全長約70~90センチメートルほどですが、翼を広げるとその2倍以上の大きさとなります。薄い黄色のくちばしと茶色の胴体を持つワシです。オオワシと似ていますが、オジロワシの方が胴体の茶色が濃く、オオワシの方がくちばしの色が濃いことで、見分けることができるのだそうです。

知床でのオジロワシ

北海道で一年中過ごすオジロワシがいると言っても、オジロワシを見るために北海道に行くのならやはり冬がおすすめです。雪の中や流氷の上にいるオジロワシに、颯爽と冬の空を飛ぶオジロワシと、越冬する種類を含め見ることのできる機会が多いです。もちろん冬以外の季節にも、北海道でオジロワシを見ることができます。知床のクルージングは、人の手が加わっていない大自然が見られるので、その中を悠々と飛ぶオジロワシは大変美しいです。

冬のクルージングでは大海原に浮かぶ流氷が見られ、アザラシなどを見られることもあるので、夏とは違った楽しさがあります。既に夏に知床クルージングをしたことのある方は冬のクルージングを楽しんでみてはいかがでしょうか。また、夏に行かれる場合には、クルージングで見られる他の野生動物と一緒に、オジロワシも探してみてください。