知床の海ではクジラを見ることができます

知床の海ではホエールウォッチングも盛んで、クジラなどの大型の哺乳類に出会うことができます。本日は、クジラとはどんな生き物なのか、触れていきたいと思います。

知床 クジラ

クジラとは

一般的にクジラと言われているものは、4メートル以上の大きさがあり、鼻のような役割をしている噴気孔を持ち肺呼吸を行います。右脳と左脳を交互に休ませる睡眠方法で生きているため、寝ながらに泳ぐことが可能です。一定の塩分濃度がある海水で生活しているので、体内の水が浸透圧の作用によって体外へと自然に排出されてしまいます。そのために、水分を取らないといけませんが、その水分をエサからのみ摂取をしています。水の摂取効率を上げるために腎臓で他の哺乳類より濃い尿を生成することが可能なのだそうです。

知床のクジラ

知床の海ではホエールウォッチングを行うためのクルージングが行われています。クジラだけでなく、イルカやシャチなども見ることができ、知床でも人気のツアーです。クジラは水しぶきを定期的に上げるため、近くにいる場合にはこの水しぶきを見つけるのが一番早く見つけられる方法ではないでしょうか。知床は流れつく流氷に含まれるプランクトンの影響で、クジラたちがエサとする小魚やオキアミなども多く、クジラが生息しやすい環境となっています。また、クジラが排泄する糞もプランクトンなどのエサとなるため、好循環が出来上がり、動物の多い海となっているのです。

自然の作り出した豊かな海だからこそ見ることのできるクジラを知床の海に見に行ってはいかがでしょうか。